こんにちはーマッスルです。

はじめに
質問、感想、雑談などご自由にコメント下さいませ。

さて、今回はみんな大好き期待値くんについて話していきます。

と言うのも、

今日友人が唐突に期待値について熱く語りだし、ん~って思うとこがあったので

僕なりの期待値論を熱く語ってみます(・∀・)

パチンコ・パチスロで長期的に勝とうと思えば、

絶対的に意識しなければいけないのが期待値くんな訳ですが、

僕たちが本当に愛さなければいけないのは期待値くんではないのです。

期待値を意識して打つようになると、

「期待値がある台を打っても勝てない」なんてことが続くことも多々あります。

そうなってくると「期待値ついてるのになんで勝てへんねん!」

と言い出す人が出てきます。

これは、理屈的には「仕方がないよ。続けて打って行こうね。」って話なんですが、

期待値のある台で何日も続けて負けてしまうと心理的に考えてしまうことなので

気持ちはすごく解ります。

これは徐々に慣れてくることなので問題ありません。

しかし、

こんなことを言う人もいます。

「この台は期待値的にはもう少し勝てたのでは」とか

「チクショー!閉店までに取りきれなかったから期待値的に損したぜぇーと」などです。

これはどうなのでしょうか?

 

もちろん冗談で言っている人もいるとは思いますが、僕は別にいいじゃん。と思います。

 

そもそも僕たちが本当に愛してやまないのは期待値くんではなく、

期待値くんの奥にいる結果さん(お金)なんです。

要は期待値とは、お金さんと仲良くなるために必ず通さないといけない仲介人のよなものです。

だから期待値的に損をしたとしてもお金さんが微笑んでくれていれば問題ないんですよ。

 

 

あくまでも、期待値とはお金さんと仲良くなるための付き人でしかないので、

期待値的にはどうだ!っていうのはプロのなかのプロが考えておけばいい問題であり、

月に20万取るって為には最低限抑えておけば問題ありません。

 

勝てばいいんです。

 

しかし、闇雲に打ってもニュータイプでもない限り勝ち続けることはできないので

仕方ないから期待値くんとも仲良くなるだけの話なんですよ。

 

 

期待値は猛烈に意識する必要はありますが、

期待値について小難しく考える必要はまったくないと思います。

 

本来目指すところは期待値の奥にある結果ってことです。

 

期待値くんのプライベートはどうでもいいんです。

以上

 

これが俺流の期待値論です。

 

 

まとめ

期待値を意識するのは重要だが本質まで考える必要はまるでない。

質問、感想、新型モビルスーツの性能について聞きたいことありましたらお気軽にコメント下さいね(・∀・)

---スポンサーリンク---