WS000008
(c)北電子 にほんブログ村
 

今回はジャグラーの正しいやめどきについての話です。

結構、後ろ髪をひかれてしまいがちなジャグラーですが『やめどき』をテーマに知識を絞ってみようと思います^^

●ジャグラーやめどき

 

ジャグラーを打っていて、設定6か微妙な感じになったときにやめるかどうか悩み、結果低設定をただただ打たされただけ・・・・

なんて悲しい経験スロッターなら誰しも1度くらいはあると思います。

 

こーゆうときってやはり、やめきれなかった後悔が強く残りますよね。かといってまだ高設定の可能性もあるのでヤメるにやめれない・・・。

 

そんなとき、どーやってヤメどきを判断するのがいいのか?

これについていくつかポイントをまとめてみようと思います。

 

 

●ジャグラーやめどきポイント①

明確なルールを設定する。

途中から打ち出した場合、よくあるルールとして、5000G以上まわっていて合算130前後でREGもついている台を狙う・・。などありますが

 

実際に打っているときに設定が分からないので、判断する明確な数値を決めてしまうというのは、スパッとやめるうえでもっとも判断しやすいかと思います。

 

 

具体例でいうと

5000G

BB19回 REG20回

 

のような台を打ったとしたら

 

総G数:5000G

REG確率:1/250

ボーナス合算:1/128.2

 

と、数字上では文句なく6っぽいわけですよね。

もちろん、実戦では+ホール状況っていうのはつきものですが今回は最低限期待できるホールでって条件で!

 

やめるポイント

合算orレグ確率が次回当たった場合でも設定6を下回る数値になった場合。

つまり、この状態から500Gまわして1度も当たりが引けなかったとしたら

 

総G:5500G BB:19 REG:20

 

なので

 

ボーナス合算・・1/141
REG合算・・・1/275

 

となり、どちらも設定6の数値を下まわってしまいましたね。

こーなったとき、もっかいREGを引いても設定6以下になってしまう数値になったらヤメる!と決めておく!

 

というルールを設定しておくという方法は、ヤメどきを迷ってしまう人にはまずいいかもしれませんね。

 

 

なので上記データから

 

総:5600G BB:19 REG:20

 

となれば、この段階でREG率1/280と設定6の数値以下となり、さらに当たりが引けず200Gとなった場合・・。

 

5800G BB:19 REG:20 です。

 

 

この時点でのREG確率は1/290で、もっかいREG引いた場合でも1/276なので、設定6の確率の1/268以下なのでヤメてしまうという考え方です。

 

これは、途中から打った場合なので前者の履歴も含めた計算で、無難に大怪我を避けて様子見もいれながら探り探りという稼動のときは意外と大事です。

 

 

●まとめ

 

今の状態で、さらにもっかい引いても設定6の数値に届かない段階でヤメてしまうという初歩的なヤメどきの話でした^^

---スポンサーリンク---